日本門脈圧亢進症学会会則施行細則

第1条(正会員)
  1. 本会の正会員となることを希望する者は、所定の入会申込書を提出し、理事会の承認を受けなければならない。
  2. 正会員は、別に定める会費を納入しなければならない。
  3. 正会員は、本会の主催する学術集会において研究の成果を発表することができる。その際、共同研究者も本会正会員でなければならない。
  4. 正会員の会費は、年額 10,000円 とする。
  5. 正会員は、次の理由によってその資格を喪失する。
     1) 退会
     2) 禁治産者又は準禁治産者の宣告
     3) 死亡又は失踪宣告
     4) 除名
     5) 3年以上の会費滞納
  6. 正会員で退会しようとする者は、理由を付して退会届を理事長に提出しなければならない。
  7. 会費は前納とし、既納の会費はいかなる理由があっても、これを返還しない。
第2条(評議員)
  1. 評議員は正会員の中から次項に定める有資格者の中から評議員選出委員会で選考し、理事会の議を経て、評議員会で決定する。
  2. 評議員となる者は、次のすべての資格を有する者とする。ただし、任期半ばであっても、満68歳に達した次の年の総会をもって退任する。
     1) 満68歳以下の正会員
     2) 評議員に応募する時点で連続5年以上の会員歴を有し、会費を完納している者。
     3) 所定の用紙に本会の目的に添った研究実績を記入提出した者。
  3. 評議員の任期を終了した時点で評議員を継続する者は、次項の継続資格に基づき評議員選出委員会において審査し、理事会の議を経て決定する。
  4. 評議員資格の更新には、評議員である3年間に、原則として日本門脈圧亢進症学会雑誌に1編以上の発表(共著者を含む)を必要とする。なお、門脈圧亢進症に関する学術論文、本会の学術集会での発表(共同演者を含む)、座長・司会(特別発言を含む)、学会運営における貢献等をもって替えることができる。
  5. 評議員の会費は、年額20,000円とする。
第3条(理事および監事)
理事および監事は任期半ばであっても、満68歳に達した次の年の総会をもって退任する。理事長に関しては選出の時点で評議員の任期内であれば、理事長の任期を優先するとともに、理事および評議員として在任する。
第4条(名誉会員および特別会員)
  1. 名誉会員となりうる者は、本会会長あるいは理事をつとめ満68歳に達した者。
  2. 特別会員となりうる者は、本会役員経験者、評議員および本会に功労のあった正会員で満68歳に達した者。
  3. 名誉会員、特別会員は会費が免除される。また評議員会に出席し発言できる。
第5条(顧問)
顧問は会費が免除される。
第6条(賛助会員)
  1. 賛助会員は、本会の事業を後援する個人又は法人。
  2. 賛助会員は、本会の主催する学術集会に参加することができる。
  3. 賛助会員は、機関誌の配布を受けることができる。
  4. 賛助会員の会費は、年額50,000円とする。
第7条(委員会)
  1. 委員長は当該委員会の会務を統括する。
  2. 委員の任期は3年とし、再任を妨げない。
第8条(附置研究会ならびに公認研究会)
  1. 本会の目的達成に必要な事業として、附置研究会の設置ならびに公認研究会を支援することが出来る。公認研究会とは地域規模の研究会を指す。
  2. 附置研究会ならびに公認研究会はありかた委員会に申請し審議し、理事会で承認する。
  3. 附置研究会ならびに公認研究会の活動期間は5年間とする。しかし、5年を越えて存続させたいときは、5年間の研究成果を添えてありかた委員会に延長を申請することができる。
第9条(地区代表世話人)
  1. 本会の目的達成を地域においても推進するため地区代表世話人を置くことができる。
  2. 地区代表世話人は理事、評議員の中から理事長が任命し、理事会で承認する。
  3. 地区代表世話人の任期は3年とし、再任を妨げない。
  4. 理事長は地区代表世話人を招集し地区代表者会議を開催することができる。

第9条(細則変更)

本施行細則の変更は理事会および評議員会の議を経て決定する。
 

附則
  本施行細則は平成6年1月9日から施行する。
 平成9年9月5日一部改訂。
 平成11年9月3日一部改訂。
 平成12年9月18日一部改訂。
 平成14年9月12日一部改訂。
 平成16年9月3日一部改訂。
 平成18年9月15日一部改訂。
 平成19年9月6日一部改訂。
 平成21年9月10日一部改訂。
 平成22年9月10日一部改訂。

 平成24年9月7日一部改訂。